沖縄の離婚に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ離婚119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

養育費の相場がいくらくらいなのか知りたい

      2016/02/11

夫とは協議離婚が成立しましたが、養育費を決めていませんでした。養育費の相場と、いつまでもらえるか教えてください。
また、夫が話し合いに応じない場合や、養育費を払わない場合どうすればいいのですか。
子どもは2人(3歳と1歳)、私が引き取りました。夫の年収は350万円で、私は無職です。

養育費の金額は、おふたりの合意で決めるのが原則です。ただ、養育費の相場については、「養育費算定表」が参考になります。これは裁判官が作ったもので、実際にはこの「養育費算定表」を参考にして養育費が定められることが多いと思います。インターネットで「養育費」「算定表」と検索すれば、裁判所のサイトに出てきます。「養育費算定表」は、子どもの人数や年齢ごとに、両親の年収などを考慮して作成されています。

ご相談のケースを算定表に当てはめると、養育費は月額4〜6万円となります。ただ、これはあくまで相場、参考資料ですから、おふたりで話し合って増やしたり減らしたりすることは構いません。

また、養育費をいつまでもらえるかですが、一般的には、子どもが成人するまで、という決め方が多いのではないでしょうか。中には、大学を卒業するまでとする例もあるようです。

夫が話し合いに応じて、おふたりで合意できたのであれば、合意した内容を公証人役場で「公正証書」にしてもらった方がいいでしょう。「公正証書」を作るメリットは、夫が養育費をきちんと払わない場合に「強制執行」できる点にあります。「強制執行」というのは、給料の差押えなどです。

ご相談のケースのように、夫が話し合いに応じない場合には、家庭裁判所に「調停」の申立をした方がいいと思います。「調停」とは、裁判所での話し合いのことで、裁判所から選任された調停委員が間に入って話を聞いてくれます。

「調停」で話し合いがまとまらない場合や、そもそも相手が裁判所に来なかった場合、「審判」という手続に移行します。「審判」では裁判所が養育費の金額を決めることになります。

くわしいことは沖縄弁護士会の弁護士に相談してみてください。

footerpic01

沖縄の離婚に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 子どもを育てていくための費用

「おきなわ離婚119番」は沖縄弁護士会が運営しています。