沖縄の離婚に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

弁護士にしかできないこと

 配偶者との離婚を考えています。離婚前に決めておいた方がいいことや,話し合いで離婚できない場合でも離婚できる方法はあるのかなど,専門家に相談したいのですが,どの職業の方(弁護士・司法書士・行政書士)に相談したらいいのでしょうか?

 弁護士は裁判の専門家というイメージが強いのですが,まだ配偶者と争いになっていない私の相談を弁護士にしてもいいのでしょうか。

 

 ぜひ弁護士にご相談ください。話し合いで離婚できない場合,弁護士が貴方の代理人となり,相手方と交渉したり,調停を申し立てることが考えられますが,これらの代理人となれるのは法律上弁護士だけで,司法書士や行政書士はなれません。

 また,離婚することは配偶者も応じているが,親権,養育費,財産分与などで話し合いがまとまらない場合,これらの交渉や調停についても司法書士や行政書士が貴方の代理人になることは法律上できません。

 以上のことから,まだ配偶者と争いになっていない場合でも,弁護士は,経験に基づき,今後争いとなる場合を見据えた具体的助言や,争いを回避するための助言もでき,さらには,争いとなってしまった場合も対応可能です。これらのことから,離婚問題の相談は,弁護士にすることが望ましいと考えます。

弁護士による相談は,沖縄弁護士会館でも受けることができますのでお気軽にお問い合せください。

 

 

カテゴリー

サイト内検索


相談予約・お問い合わせ

【沖縄弁護士会 那覇】 098-865-3737
【沖縄弁護士会 沖縄支部】 098-934-5722
【沖縄弁護士会 名護支部】 0980-52-5559

電話による予約受付時間:平日午前10時から午後3時まで
(できるだけ電話またはWEBでご予約をお願いいたします)

 

相談センターへのアクセス

那覇相談所

沖縄弁護士会相談センター

(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

コザ相談所

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部

(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

名護相談所

沖縄弁護士会相談センター名護支部

(名護市宇茂佐914-3)
0980-52-5559(予約制)